お客様の声

vol.39仲間と楽しむための男の秘密基地(清水様邸|一人暮らし|大阪府)

「せっかく屋上をつけるんだから、景色は大事だよね。視線を気にするのも嫌だし。だから、最初に探していた場所とは全然違うけど、この土地に出会ってすぐ、ここだ!って決めたんですよ」という清水様邸は少し小高い場所に建っているため見晴らしがよく、川や緑が近いためか、夏空の下でも屋上には風が吹き心地良い風が吹いていました。

 

DSC_1324

人が集まる場所に

「屋上が無ければ、友達を招いてパーティーはしてないですね。皆で楽しめる家にしたかったんだけど、部屋でパーティーすると家の自慢してるようなものだから。でも、屋上は皆のスペースにもなるから、何も気にせず自由に楽しんで使ってくれてる。音楽を流してBBQをしたり、水着でジェットバスに入ったり、楽しんでるよ!」と清水様も大満足のご様子。

そろそろ自分のための家を建てたいと思っていた頃、職場の方が建てた家で屋上があることに驚き、どこで建てたのかと訊ねたことが仲間と楽しむ家作りの始まりだったといいます。

 

室内空間へのこだわりと工夫

「友達や仲間を呼んで、とにかく楽しめる、かっこいい家」をテーマにした清水様邸では、屋上だけでなく2階フロアにも人が集まり寛げる工夫が。

 

間取りはリビングとダイニングを分ける壁を無くして1つの部屋にし、リビング部分には小上がりをつけることで、広さと開放感がありながらもメリハリのある空間に。

 

照明はダウンライトと間接照明のみですが、人が居る空間や手元を効果的に照らし出すことで暗さを感じることは無く、空間の広さと合わさり「僕もだけど、みんなこの場所が落ち着くから好きなんだと思うよ。小上がりの段差も座ってくつろげる場所になってるし、寝っ転がったりもしてる。」と初めて訪れてもどこかに自分の居場所を見つけられるような、ゆったりと落ち着いた雰囲気に。

 

DSC_1490_00001

 

家づくりのパートナー

「家を建ててから、たくさん人が来て楽しんでくれてる。でも大内さん(オーワンコーポレーション)が一番多いよね。この家は彼が居なかったら出来なかった。だから2人で作ったんだよね!」と共に家を作りあげた仲間として楽しそうに笑いあいます。

 

そんな大内さんも「実は僕自身が住みたい家を作ったんです。普通なら空調の効率を考えて、階段を吹抜けにする提案なんてしないですけど、清水さんのセンスやフィーリング、「かっこいい家にしよう!」というテーマがはっきりしていましたから。」と全体像を共有できたことが、家作りをスムーズにしていたと言います。

 

「それにね、この家はいつ来ても更にかっこよくなっていくんですよ。それが楽しくて。」と嬉しそうに語っていました。

 

2-01

取材日:2016/07/30

DSC_1543修正2

1階は、ご自身で楽しむための部屋がずらり。

家に居ても身体を動かせるようにと、トレーニング器具が置かれたジムのお部屋。コンクリート調や黒のインテリアで男っぽさがありながらもスッキリとスマートな印象。

 

名称未設定 1

続くお部屋は「無になれる部屋なんです。時間がゆっくり流れるんですよ。精神と時の部屋ですね!笑」という和室。小さな窓が規則的に並ぶ床には刀が置かれ、シックな赤が天井を彩ります。照明を落とし、ただゆっくりと静かに座っているだけで、気持ちが落ち着くのだそう。

清水様
人生を謳歌するために、あえて独り身を貫いている清水様。
男の一人暮らしの家として、趣味や仲間との時間を楽しんでいます。

 

 

 

 

商品ラインナップはこちら

  • POLzine! 日常に遊び心と彩りを提案するライフスタイルWebマガジン
  • +1 LIVING HOUSE 屋上付き木造戸建住宅
  • プラスワンリビングに関わる人々 facebook
  • ONLINE SHOP Instagram
  • 資料請求
  • 各地のイベント情報・モデル見学はこちら
  • プラスワンリビング販売パートナー募集
  • お問い合わせ