お客様の声

vol.24愛猫もくつろぐ湾を望む屋上テラス(岡村様邸|5人家族|大分県)

img_case_vol11_01

 

 別府湾を望む高台に建つ岡村邸。「宝くじに当たったん!?」と訪れた友人たちから羨ましがられるのだとか。もともと別荘地として売り出されたエリアで、温泉権付きの物件となれば、みんなが勘違いするのもうなずけます。

岡村夫妻がプラスワンリビングを知ったのは、入居の約1年前。賃貸からの卒業を考え、物件を探し始めたときでした。案内されたプラスワンリビングハ ウスを見るなり魅了された2人でしたが、念のため、他社の屋上付き住宅も下見。間取り、デザイン、建物や設備のグレードなどを比較して決めました。もちろ ん、予算も入念に比べての結果です。

 

 そこから、屋上空間を活かせる土地探しを開始。3カ所紹介された中で気に入ったのが、別府湾を見下ろせる特等地です。今でも「ウソみたい!」と感じるくらい価値のある住環境を手に入れることができた、と奥様は話します。

 

 初めて屋上に上がった日のことは忘れられません。景色がよいことは想像していましたが、予想を超える絶景と、心地よく吹き抜けていく風に感動。高台 にあるので、夏の猛暑も、リビングにエアコンを取り付けないまま過ごせました。屋上テラスは、昼から夕方は子どもたちの遊び場として、夜はご主人と愛猫ボ ブ子のくつろぎのスペースとして活用されています。この家に暮らしはじめて約半年。すでに家族みんなの思い出が詰まったこの屋上で、今日も新しい思い出が 生まれています。

 

img_case_vol11_03

ご主人が毎朝眺める別府湾。

 

img_case_vol11_02

「アイランドキッチンなど、機能的でシンプルな設備が気に入ってます」と奥さま。(プラスワンリビングハウスについて)

 

_MG_7066

別荘地のため電柱や電線が少なく、すっきりとした景観。

 

岡村さんファミリー
岡村省吾さんと奥さまの幸恵さん、小学1年生の颯季(さつき)ちゃん、5歳の澄空(そら)ちゃん、9ヵ月の日々登(ひびと)くん(それぞれ取材当時)。そして愛猫のボブ子、グラッピーの2匹。 2013年2月入居

 

 

 

 

商品ラインナップはこちら